気を付けておこう!ルート配送求人のデメリット

ルート配送求人は生活リズムが不規則になる

トラックの運転免許を持っていればできるルート配送の求人ですが、実は様々なデメリットがあるんです。その一つとして挙げられるのが、他の仕事よりも生活リズムが崩れやすいことです。ルート配送はその仕事柄、依頼人が指定した期日・時間までに荷物を運ぶ必要があります。早朝に運ぶように頼まれることもあれば、深夜に届けなくてはならない場合も多いです。そのため担当する仕事によっては、まだ太陽が昇らないような朝方に出社しなければいけませんし、他の人たちが起きている時間に睡眠を取ることになります。当然のことながら食事をする時間も不規則になりますし、配送時間が迫っているときにはそちらを優先して食事ができないことも普通にあるのです。

ルート配送求人は単調作業になりがち!

物流の担うルート配送求人は大切な仕事であることは確かですが、仕事が単調になりがちというデメリットがあります。トラックで目的地まで荷物を運び、運び終えたら次の荷物に移るという作業を繰り返します。配送している間は基本的に一人なので、同僚と話したり食事をしたりすることも少ないです。そのため人によっては精神的に辛くなったり、退屈に感じてしまうでしょう。何よりもそのような状態が長く続くと集中力が低下してしまい、仕事中に思わぬトラブルや交通事故に遭遇してしまう可能性も高くなってしまいます。また運ぶ荷物の中には大型だったり重かったりするものもあります。従って不注意で怪我をしてしまったり、長期間仕事を続けていると体力的にきつくなってくることもあるのです。