勤務地でルート配送求人を選ぶ

同じ業務でも勤務地で忙しさは大きく変わる

ルート配送の仕事はトラックなどの車両を使って荷物を所定の場所まで届ける仕事です。しかし、勤務地によって忙しさは大きく異なる点を注意する必要があります。ルート配送の忙しさは荷物の数よりも移動距離が重要な判断基準です。届け先が多くても移動距離が短ければ時間はあまりかかりませんが、逆に届け先が少数であっても移動距離が長ければそれだけ時間も長くなってしまうのです。特に地方の営業所は担当する地域が広いため、一回の配送業務で一日を要することも決して珍しいことではありません。また、使用する車両は地方に行くほど大型化しますが、これも移動距離が長いことに由来します。営業所へ引き返す手間を省くため、一度に積み込める荷物の量が多い大型車両が好まれるのです。

都市部と地方の特徴を把握するのが勤務地選びのコツ

都市部と地方ではルート配送に求められる技能が異なるので、勤務地を選ぶ際はその点を確認しなければいけません。都市部は届け先が多い一方で道が狭く、混雑もしやすいことから軽トラックやワゴン車などの小型車両が多く用いられます。また、人や車の行き来が多いことから特に安全確認には注意することが肝心です。地方は届け先が少ない一方で移動距離が長いことから効率的に動くため、大量の荷物を搭載できる大型トラックが使われます。大型免許が必須な他、時間に遅れないように安全を確認しつつ無駄の無い、素早い動きが求められるのです。都市部と地方はそれぞれ長所と短所があるので、免許の有無や自身の運転技術、拘束時間などを考慮して選ぶことを心がけます。